ゲイの方々とデートアプリ

デートアプリの急増には、私たちがより簡単に相手と出会いやすくするといった狙いがありました。その中でもゲイやレズビアンなどの小さなコミュニティでは、これら出会い系アプリは繋がれる人を見つけられる、まるで神様からの贈り物として見なされていました。しかしながら、特にゲイの方々などあるユーザーにとっては、ネガティブな影響もあるようです。

ゲイの方々にとっては、先程もお話しました性的指向でもご存知の通り、オンラインデートがより簡単になりました。

新しいセクシャリティ心理学では、ポジティブな視点とネガティブな視点からゲイの出会い系アプリを研究しました。そこで191人もバイセクシャルとゲイの方々を集めて、それらのアプリを使宇モチベーションとなる効果などを研究されました。

その研究から、彼らは頻繁にアプリを活用し、また71.2%の方々が最低でも1日1回ログインされていたそうです。

ただその半分以下の参加者はセックスを一番の目的に利用し、18.9%だけの方々はデートできる人を探していたようです。

そのアプリを利用して、デートよりもセックス相手を探していた彼らは、デートを目的としていた人たちと比べると、自尊心や孤独、人生の満足度のレベルが高かったようです。

要するに、デートアプリによるネガティブな影響とは、ユーザーが何を目的として利用しているかによるでしょう。もし彼らが恋愛関係を求めるのなら、彼らは総体的にネガティブな体験を受けるかもしれないし、もっと自尊心や孤独、人生の満足度に対するネガティブな感情を更にもたれてしまうかもしれません。

Read More here: https://www.psychologytoday.com/us/blog/inclusive-insight/201912/are-dating-apps-making-gay-men-miserable


Original Article: https://www.bright-life-counseling.com/2020/01/30/gay-men-and-dating-apps/

Translation: ReGroupJP.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です